<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<口蹄疫>高速バスに消毒液マット(毎日新聞)

 宮崎県を出発する高速バスでは、口蹄疫(こうていえき)の感染拡大を防ぐため、乗降口に消毒液を染み込ませたマットを敷いて乗客に協力を呼びかけている。JR九州バスでは22日から、西日本鉄道でも25日からスタートした。

 宮崎市のJR宮崎駅前のバス乗り場では、運転手が乗客に「マットをよく踏んで乗車してください」と呼び掛けた。福岡市に仕事へ向かうという男性会社員(29)は「バスにまで消毒マットが敷かれるのを見るのは初めて。非常に厳重だが感染拡大を防ぐためには重要なこと」と話した。

 宮崎交通と九州産交バスも26日から始める予定だ。【中村清雅】

【関連ニュース】
口蹄疫:鹿児島県が種牛を離島に分散避難
口蹄疫:種牛殺処分に6000人が「助命」署名
口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査
口蹄疫:国は種牛49頭延命認めず 地元、受け入れず
口蹄疫:家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市

国道2号訴訟 国などに賠償命令 住民騒音被害で広島地裁(毎日新聞)
<諫早干拓>長崎地裁の裁判官3人が現地視察(毎日新聞)
「宇宙大豆」再打ち上げも=紛失被害の企業、9月に(時事通信)
原口総務相 「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
[PR]
by hief6nzkb6 | 2010-05-26 14:28

「電力会社と取引」とウソ 2千万円詐取の元社長ら逮捕  (産経新聞)

 電力会社の売掛金立て替え名目で2千万円超を詐取したとして、警視庁久松署は詐欺の疑いで、IT関連会社元社長、志田聡容疑者(58)=東京都八王子市大塚=ら2人を逮捕した。同署によると、志田容疑者は大筋で容疑を認めている。

 同署の調べによると、志田容疑者らは平成17年7月、東京都台東区の金融会社で、同社の男性社長に対し、偽造した業務委託依頼書を示して大手電力会社との取引を偽り「(電力会社の)支払いが遅れているので金を貸してほしい」として現金約2200万円をだまし取った疑いが持たれている。

 貸付金の返済が滞ったため、男性社長が18年3月、詐欺罪で警視庁に告訴していた。

【関連記事】
ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕
TBS社員装った男を逮捕 HP開設料名目で現金詐取
現金より金塊を狙う“平成のルパン” 流行に敏感な振り込め詐欺犯たち
スカウト詐欺繰り返した目的はホテル代とプレゼント 見栄っ張り男が法廷で流した涙
振り込め団「キング」の残党を逮捕 詐欺未遂の疑い
少子化を止めろ!

神奈川県副知事に黒川氏(時事通信)
三木孝浩監督が『ソラニン』世代論展開! 浅野いにお作品の再映像化にも意欲
近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)
6カ月長女に暴行容疑、両親逮捕=ヘアアイロン押し当てる−福島県警(時事通信)
名神で男性はねられ重傷 事故起こし車外歩行中(産経新聞)
[PR]
by hief6nzkb6 | 2010-05-15 19:51