<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)

 繊維業で知られる新潟県見附(みつけ)市の技術力をPRしようと、見附青年会議所が17日、2カ月かけて製作したニット製の巨大サッカーユニホームをお披露目した。「世界一」としてギネス申請する。

 長さ約7メートルと通常の10倍で、約50人の職人が総力を結集。ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の応援に役立てようと、日本代表と似たデザインに。埼玉スタジアムで5月にあるW杯壮行試合の観客席で広げる予定。

 巨大なため、客席でうまく広げられるか心配だが、実行委員長の今井誠さん(36)は「サポーターに手伝ってもらえたら」。触ったついでに、品質の良さも実感できるはず? 【黒田阿紗子】

【関連ニュース】
<特集>サッカー日本代表
188人がかくれんぼ またまたギネス認定
雑記帳:「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請
サッカーW杯:FIFA公認の世界地図…松山の会社が販売
サッカーW杯:エムボマ氏「日本は8強目指すのが現実的」

迷走普天間どこへ…結びつき深い沖縄と米軍 現地ルポ(産経新聞)
放鳥トキ、産卵か=3組目、卵確認できず−環境省(時事通信)
<火山噴火>日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)
コンテナ収納を再開=ISS滞在の山崎さん、アームを操作(時事通信)
陸自の誘導弾、誤って飛び出す=点検中、けが人なし−群馬(時事通信)
[PR]
by hief6nzkb6 | 2010-04-24 01:10
<< 高速新料金で前原氏が小沢氏を批... 火山噴火 関空ローマ便が出発便... >>